キレイになって女子力アップ!

通勤ダイエットで痩せるコツ!毎日続けた効果は・・?

   

スポンサーリンク

最近、運動していますか?

現代人の仕事はパソコンを前にした座業化がすすみ、女性だけでなくもちろん男性も「メタボ腹」化はとめられないようです。

少しダイエットしなくちゃ!と思ってても、毎日会社で忙しくてジムに通えなかったり、週末1回体を動かすのがせいぜいとか、それすらなかなか難しい!という方も多いのではないでしょうか?

そこで今日は、わざわざ「運動」のための時間を取らなくても、毎日の通勤中に継続していくことで、ダイエット効果が出る方法を徹底的に集めてみました。

駅のホーム

通勤ダイエットとは?

通勤ダイエットとは、文字通り、家を出て会社に着くまでの移動時間に効率よく体を使って代謝をあげ、ダイエットにつなげるというものです。

通勤中にウオーキングの時間が沢山取れる方はもちろん理想的ですが、いつも残業でとても一駅分多く歩くような体力が残っていない・・という方でも大丈夫な通勤中の運動です。

1・大股で早足で歩くこと

たったこれだけですが、ただ普通に大また歩きしてるだけだと意味がないそうです。

ポイントはお腹。
とにかくぐっとお腹をへこますことを意識して、背筋を伸ばして歩くということだけ守ってみましょう。

なんと、これだけで一分間の消費カロリーが5.8キロカロリーになります。

2・階段を見たらチャンス運動

これは考え方を変えるだけなんですけれど、私にとても効果があった方法です。

いつも駅に行くとエスカレーターには長蛇の列。
どんな時間帯でも行列しています。

お年寄りの方たちだけでなく、何故か若い人も中年の人も皆、時間がかかるのに、わざわざずっと待って、乗っているのは何故なんだろう・・?

エスカレーター

一刻を争いたい通勤時間中にも、エスカレーターに乗るための人たちが行列して待っていますが、あれは「エスカレーターに乗るほうが楽だしお得」っていう無意識の考えから並んでしまうのではないでしょうか?

それでほんのちょっと変えて、階段を見たら「ラッキー♪」と思うようにしたんです。

ただそれだけなんですけれど、目の前に階段が出没すると「ラッキー♪」とおもうだけで、めんどくさくなくなります。

すると、1日の中で遭遇した階段を上るのが楽しくなってくるのですから不思議なものです。

何故ラッキーかというと、「お金が0円で、運動ができる」ということなんですけれど、私はたったそれだけでそれを続けていた当時、すごく足が細くなった気がします。

3・電車の中でつま先立ち

これはラッシュ時間にはできないし、ヒールの時は痛くてあまりおすすめできないけれど、結構ききます。

背筋を伸ばしてまっすぐ立って、お腹をきゅっとへこませて、30秒つま先立ちをします。
できたらもう少しだけ時間をのばして45秒。

電車の中

意外に誰も気がつかないですし、これも腹筋が知らない間にすごく鍛えられているんです。
(横になってやる腹筋よりずっと楽です)

これはオフィスの椅子に座ってパソコンをしているときにも応用で使えます。
座った状態で同じことをやってみると、相当ふくらはぎのむくみが解消されます。

4・肩甲骨をペンギンのように寄せる肩甲骨寄せ

これは姿勢の基本なのですが、良い姿勢を作る時、肩を落とし、背筋を伸ばしてまっすぐ立って、肩甲骨を意識して寄せるようにして胸を開きます。

これは見た目もすごく綺麗ですし、肩甲骨の間にある「褐色脂肪細胞」は刺激することでとにかく体内の燃焼効果が高いので、意識する時間が多ければ多いほど、ダイエット効果も抜群です。

肩こり解消にもなりますし、本当に気持ちがいいです。

10人中9・5人の人は、胸を開いていないですぼめてしまっているので、例えば駅で電車を待っている時間にやってみるだけでも違います。

空いている時間に限りますが、後ろ手で、バックや荷物を持って(または何も持たないで)
肩甲骨が中心に寄るようにぐっと大きく胸をはります。

その姿勢のままで、できるだけ両手を上にあげていきます。
これを1分間やるだけで3・5キロカロリーになります。

5・できるときだけ一駅分歩く

駅まで30分、1時間、歩いて帰ることができればダイエット効果はもっと上がります。

女性が早歩きを30分した場合のカロリー消費量は105キロカロリー、男性では120キロカロリーです。
行きと帰りに30分ずづ歩いていくだけでも210キロカロリーの消費になりますね。

通勤ダイエットの効果

日本人の女性の一日の消費カロリーは平均で1200キロカロリーといわれています。
そのうちの60%は基礎代謝量で、これは簡単に変えることは難しいです。

年齢とともに30代からは代謝も落ちてくるので10代、20代のようにはいかないのですが、残りの40パーセントは心がけ次第で増やしていける代謝量で、人によって一日あたり、プラスマイナス400キロカロリーも違うとされています。

通勤ダイエットは週末のジョギングより効果的

以前スポーツクラブに通っていたことがあるのですが、結局用事が多くてなかなか通えず、週に2回行くことすら大変でした。

仕事の仲間もジムに入会したけれど、結局週に1度しか行かれないのでコスパが悪いし、行けないことが余計にストレスになってしまうから・・と結局辞めてしまう人が多かったです。

ところで、週に頑張ってスポーツクラブで2回運動すると消費カロリーは平均で500~600キロカロリーなのだそうです。

かたやスポーツクラブにかよっていないけれど、この「ながら運動」をしたとしますと、
もし、通勤の時間に歩くところが合計して30分ある人が、そこを↑で上げた「大また歩き」で歩いた場合、それだけで1日96キロカロリーです。

ここに「階段を見たらチャンス!運動」で階段を上り、電車で数分つま先立ちをするだけで、もう軽く1日に100キロカロリーの運動をしてしまったことになります。

するとこれだけで、1週間は700キロカロリーになるので、もうスポーツクラブに週に2回通っている人を上回ってしまっているんです。

こう考えると、時間もお金も使わなくても、いくらでもすっきりと痩せることができるんだな・・って思うのです。

色々なことでいつも忙しい私たちは、できるだけ自動的にシェイプアップの習慣を取り込んでいきたいものですね。

通勤ダイエットは程よい筋肉がつく

ダイエットをしている人は、食事制限をするために筋肉量が低下してしまうことが多いです。

筋肉は脂肪に変わりますから、いくら食事制限をしても脂肪がついたままの、ぶよぶよした体になってしまうことも多いです。

そこで通勤中にできる限り歩くことを取り入れられれば、全身に程よい筋肉が付き、また今ある脂肪も燃やしていくことができ効率の良いダイエットにつながります。
いま、ちょっとダイエットし始めてるの・・という方も、ここに通勤ダイエットを加えれば、さらに効果が倍増される可能性もありますね。

通勤ダイエットで効果を出すためのポイント

通勤ダイエットで効果を出すために、私の感じたポイントがありますので、それをまとめておきたいと思います。

★靴は歩きやすいものを履くこと。
ヒールの靴は会社に置いておいて、通勤はウオーキングシューズのような足にいい靴をはいていきましょう。疲れ方がずっと違います。

★強風や大雨の日、体調の悪い日は無理をしない
続けていると、つい無理をしがちですが、休む日があるとまた出来る日が楽しみになります。

★歩いたほうが得なことを見つける
例えば一駅前から歩くと途中のスーパーが安いとか、実際に得することがあるといいですね!

★音声で勉強しながら歩く疲れているときは好きな音楽を聴きながら歩くのも良いと思いますが、オーディオブックなどで講義を聞きながら歩くと、本当にあっという間に歩いてしまいます。

なかなか座って勉強する時間はとれないので、これは通勤ダイエットにもなり、さらに勉強もすすみ最高の時間活用だと思います。

色々なことでいつも忙しい私たちは、できるだけ自動的にシェイプアップの習慣を取り込んでいきたいものですね。

心も体もいつも元気でいられたら、美容にも最高ですね。

こちらのランキングは私が全て自分の肌で試して、良い物だけをランキングにしたものです。
ぜひチェックしてみてくださいね!↓↓↓

Source: しわ取りクリームランキング!殿堂入りアンチエイジング

スポンサーリンク
続きを読む>>

  関連記事