キレイになって女子力アップ!

鞆の浦への旅その1. 仙酔島へ

   

スポンサーリンク

皆さんのお気持が他の誰かも元気にする
その1歩!
↓↓↓ポチッと♡

 いつもブログを訪問して頂き
ありがとうございます。

不調の『鍵』を握る『呼吸』に着目!
自己免疫力、再生力を高め
薬だけに頼らない
もう歳だと諦めない身体作りをお伝えする
アンチエイジングライフアドバイザー
紅 〜Beni 〜 です。
このお盆休み、渋滞が心配されましたが
今年はETC割引の設定がされなかった
事もあったせいか、帰省渋滞自体は
なかったみたいなんです。
と・こ・ろ・が・・・
山陽自動車道のあちこちで事故が発生!
姫路辺りからその渋滞にはまり・・・
朝5時に出発したにもかかわらず、福山に
到着できたのはなんと11時 ガーン
3時間ほどで到着するところを
6時間もかかってしまいました。
この渋滞の中、向かった目的地は鞆の浦。
帰省中に一度行ってみたいという大の
坂本龍馬好きの主人の希望で実現しました。
海の側なんで、少しは涼しいのかと思いきや
ここもやっぱり暑かった💦
鞆の浦は以前、同窓会があって
私は訪れたことがあったので
とっても、お久しぶり。

この日は主人の希望で仙酔島へ・・

いろは丸って船に乗って渡ります。
片道5分、大人3人往復乗って
このお値段。安い‼️

鞆の浦は坂本龍馬のゆかりの場所が

あちこちにあって、この鞆の浦の沖に
沈没したと言われている船が
坂本龍馬が乗っていたとされる
『いろは丸』
それをイメージして造られたのが
この渡し船。この日は仙酔島に海水浴や
バーベキューをしに行く家族連れや若者達で
混み合っていました。
いろは丸が海の上を走り出すと
海風が涼しくて良い感じラブラブ
穏やかな瀬戸内の海から吹く風は
天然の扇風機みたい照れ

心地よい風を感じたと思ったら程なく
いろは丸は対岸の仙酔島 鞆公園へ・・
なんせたったの5分で到着するので
あっという間なんです。

波止場に一歩足を踏み入れると

また容赦なく暑い〜😵 ☀️☀️☀️

日影は涼しいのにね〜〜あせる

この丘を越えると目の前に広がる海。

一歩踏み込むと砂漠の砂の様に熱い💦
砂浜が続く海岸線には家族連れが
その熱さを凌ぐためテントを広げてる
姿が目立ちました。

そんな私達が島に渡ったのは

この景色を見ながら島に唯一ある
こちらのお店でお昼を頂くこと!
お昼の御膳は大きめの鯛のかぶと煮に
お造り天ぷら茶碗とあれこれ満載!
かなり立派な御膳はテーブルに乗り切ら
ないのではと思うほど😵
しかも、どれもこれも美味しくて
これで1500円って安い‼️びっくりです。


坂本龍馬って173センチあったん
ですって!!実物代の銅像の横で
龍馬ファンの主人はご満悦 ラブラブラブ

あんまりにも気持ち良さそうで

足をつけたくなったみたいです。照れ

海岸線をくるりと・・・
磯の香り〜〜ラブラブ

穏やかに見える瀬戸内の海ですが
昔は繋がっていた岩場も、繰り返し
打ち寄せる波に、跡形もなく・・・
自然の力はやっぱり凄い ‼️

この私と同じ背丈の娘が、頭を屈めずに

通れる高さのトンネル。ここ・・・
パワースポットなんだって。
そこを潜って・・・

帰りのいろは丸へ・・・

この後、いろは丸は鞆の浦に戻り

私達も鞆の浦散策は続くのでした。


 


こちらのイベントは有り難い事に
満席になりました。
これ以降お申込みの方は、キャンセル
待ちになります。よろしくお願いします。

ダウンダウンダウン
身体に良いこと始めませんか?
治療ではなく未病に力を入れた生き方
薬だけに頼らない身体作りを目指す
SPECIAL EVENTを開催します。




詳細はこちら
ダウンダウンダウン
 ベル お問合せ・お申込みはこちら

 




この身体の情報が、現在不調を抱えて
悩んでおられる方に届けばと思います。
良ければ応援よろしくお願いします。

皆さんのお気持ちが他の誰かも元気にする
その一歩に変わる!
↓↓↓ポチッと♡



黄色い花 紅 ~Beni ~ 黄色い花



ベルカキラをご存じない方はこちら                           ベル KaQiLa〜カキラ〜HPはこちら 

ベルレッスンのご案内

 ベル お問合せ・お申込みはこちら

 ベルFacebookもやってます。こちら


 ベルTwitterはじめました。

            Twitter: @dollybebe1

 

ベルInstagram はじめました。

           Instagram: benisan.t

 


堺市中区、堺区、大阪市、阿倍野区、天王寺区、住吉区、住之江区、西成区、東住吉区、中央区、生野区、北区、大正区、松原市、枚方市からもお越しいただいています

 

 















Source: 45歳からの諦めない美と健康作り

スポンサーリンク
続きを読む>>

  関連記事